<アメリカフウロ(アメリカ風露)>

フウロソウ科フウロソウ属

学名(属名+種小名)Geranium carolinianum

属名はgeranos(鶴)から出たギリシャ古名geranionから。長いくちばし状の果実を鶴のくちばしに例えた。種小名のcarolinianumは北米カロ ライナ州の意
アメリカフウロ アメリカ風露
撮影:左は14年5月22日、右は10年5月3日いずれもさいたま市の荒川河川敷にて 
※上の写真はクリックすると大きくなります
葉はほとんど基部まで5〜7裂する 根・茎 茎は多く枝を分け微細な毛を密生する
花径約1cmの淡紅色で萼と同長 果 実 刮ハの嘴は長さ1.5〜2p
高さ 約10〜60pで斜上するp 花 期 3月〜6月
生育地 空き地や道端に生える1年草 分 布 本州、四国、九州、沖縄
別 名
花言葉 誰か私に気付いて
渡 来1932年京都で牧野が発見近似種 ゲンノショウコ

和   名 フウロが付く植物名は多くあるがその由来についてはどこにも書かれていない。新牧野植物図鑑には漢名ではないとはあった。風露の意味としては文字 通りの「風と露。風が冷たく露がおりていること」(コトバンク)と愚にもつかない説明があっただけでその使われ方の典型なども無い。風露草にしてもゲンノシ ョウコやイブキフウロの別名と曖昧だ。
雑   記 日常的に見る草でポピュラーなのに以外と分からない事が多い。種子を巻き上げて散布する事は分かっていたが、具体的にどうなるのかは今一つ疑問だ。 そして種子に網目模様があるのがアメリカフウロの特徴というが、普通に見ていたのでは見るチャンスは無い。

18年6月5日作成

アメリカフウロ種子 アメリカフウロ紅葉
アメリカフウロ果実 アメリカフウロ紅葉
アメリカフウロ神輿 アメリカフウロ種子
アメリカフウロ果実を飛ばした後の神輿 アメリカフウロ種子には網目模様がある