<ノビル(野蒜)>

ユリ科ネギ属

学名(属名+種小名)Allium grayi

属名のアルリウムはニンニンクの古いラテン名。種小名は北米の分類学者の名
ノビル 野蒜
撮影:07年6月7日 桜区道場4丁目の農道脇
※上の写真はクリックすると大きくなります
線形で長さ約25p、中空 根・茎 白い食用になる鱗茎をつける
外・内花被とも3、雄しべ6、雌しべ1 果 実 地下の球形に近い鱗茎
高さ 50〜80p 花 期 5月〜6月
生育地 土手。畦道、道端などにごく普通 分 布 北海道〜沖縄
別 名
花言葉 子孫繁栄の(ムカゴでどんどん繁殖)
渡 来 在来種 近似種ニラ、アサツキ、ヤマラッキョウ

和   名 蒜とはネギやニンニクの事を言い、その鱗茎を噛むとヒリヒリする事からといわれます。そして野にあることから野蒜といわれます
鱗茎は酢に漬けて食べるとラッキョウやニラに似た味がし春の野草として人気があるようです。
雑   記 5月初旬頃茎の先に2枚の苞に包まれた、白い小さなとんがり帽子のような蕾をつけて風に揺れています。この頃荒川土手には野蒜の鱗茎堀りの人が見られます。やがて花穂が出て白い紫色がかった繊細な花をつけますが、褐色のムカゴ(珠芽)もたくさんつけます。花が無く珠芽だけの個体も多く花を見る機会は比較的少ない気もします。珠芽は茎頂で発芽するものもありますが、地上に落ちて繁殖します。

07年7月13日作成

観察ノート

ノビルの群生
農道脇にノビルが群生していました 06年5月30日